process

設計の考え方

完成までの流れ >

期間と予算

>>完成までの流れ

1.お問い合わせ・面談

ホームページや掲載雑誌をご覧になって、興味をお持ちいただけたら、まずはメール、電話にてお気軽に
ご連絡ください。 もちろん相談というかたちでも結構です。後日、事務所にお越し頂き、具体的な計画に
ついてのお話を伺いながら、 疑問点などについても詳しく説明させていただきます。
このとき、要望がまとまっている必要はありません。細かな点でも思いついたままお話ください。

2.現地調査

計画地の状況を把握することは非常に重要です。現地にて近隣の雰囲気、建物配置の関係、光、通風、
眺望などを確認します。あわせて法的規制などもチェックし計画に入ります。
最初に敷地を見た印象で、おおまかなプランが決まることもあります。
新たに土地を購入される方はご相談ください。

3.基本プランの提示

様々な観点から検討した複数のプランをもとに、図面、模型、パースなどを用いて、わかりやすいかたちで
提案させていただきます(通常2~3案程度)。 また、建物以外の諸経費や設計監理費を含めたトータルな
概算予算計画書を提示させていただきます。完成までのおおまかなスケジュールについても記載します。
※基本プランの提案までは無料で行なっています

4.設計監理契約

基本プランでの方向性に同意していただき、建物規模、全体予算がある程度はっきりした段階で、法律に
基づいた重要事項説明をさせていただきます。その後、設計監理業務委託契約を交わします。
※基本設計の初期段階でお願いすることもあります

5.基本設計

基本プランはあくまで今後の方向性を決めるためのものです。そのまま進めることもありますが、
それをベースに変更を重ね、より詳しい要望を盛り込んだプランを納得いくまで検討していきます。
家づくりの工程の中で、このプラン(間取りや断面計画)を決める時間が最も大切になります。

6.実施設計

プランが確定すると、次に、工事に必要な詳細図の作成に取り掛かります。
この間も図面の進捗状況に合わせて(通常二週間に一度のペースで)細部についての打合せを重ね、
素材や各部寸法を確認しながら図面を1枚ずつ作り上げていきます。

7.見積り・工事契約

全ての図面が揃い次第、実際の建築費を決めるため、施工会社数社に見積りを依頼します。
各社の見積書の内容を十分検討・比較し、場合によっては設計変更を行った上で施工業者を決定します。
そして、施工会社との工事請負契約を交わします。

8.着工・工事監理

確認申請など法的な許可が下りると着工となります。これより完成までの間、現場にて最低でも
週一回の定例打ち合わせを行い、工事が図面通りに行われているかチェックしながら進めていきます。
施工ミスや欠陥を避けるためにも、この工事監理が重要であると考えています。
また、現場の進行状況に合わせ、仕上げ材の色決めや変更打合せを行います。

9.完成・引渡し・それから

建物が出来上がり、引渡しで全てが終了するわけではありません。
暮らしていく過程で起こる不具合は施工者との協力により、しっかり対応させていただきます。
自らが携わった家族・住まいとは、一生お付き合いさせていただきたいと思います。
また、それが設計者としての責任であると思っています。(建築家賠償責任保険加入済)

住まいを共に作り上げていくという姿勢

家づくりは対話の積み重ねです。
同じ価値観を共有できるパートナーとして、何でも話し合い信頼関係を築いていくことが大切だと考えています。
古くからの友人、知人のような関係で共に家づくりを楽しみたいと思っています。

出会いを大切に

初めての面談に始まり、建物が完成した方、諸事情により実現できなかった方、また、部分的な修繕工事などで
お会いした方々とのお話やご意見を大切にし、人間的なお付き合いを続けさせて頂きたいと思っています。
期間と予算>>
一級建築士事務所 福田康紀建築計画
〒920-0024 石川県金沢市西念3丁目21-20 TEL:076-261-3219
copyright(C)2012 yas-ap All Rights Reserved.